供物の祈り 主の臨在の前に私たちの商品をレンダリングする瞬間に、それは非常に重要です。

献金は教会の祭壇や倉庫に残すことも、特定の人に直接与えることもできますが、金銭的な利益の一部は主に値するものであることに常に留意する必要があります。 

供物の祈り

 これは聖書に見られる原則であり、私たちの生活に無数の祝福をもたらします。 捧げ物を作るとき、私たちは私たちが受け取る恵みを恵みとして与えており、これは主が祝福する与え主であるので、喜びに満ちた心で行われるべきです。 

1)捧げ物と十分の一の祈り

«天の父、
今日、私たちは最高の収入と生産を提供します。
あなたが私たちを繁栄させた割合で、私たちは収入の一部を取っておきました。 
この日にあなたに提供するものを喜んで見てください。
私たちはあなたに奉仕することを唇で約束したので、私たちは自発的にあなたに私たちの供物を持ってきます。
これはあなたの前の荘厳な瞬間であることを理解しており、今日提供するものをwhat敬の念を持って扱います。
神よ、私たちはあなたの名前に栄光を帰します。 だからこそ、私たちはこれらの供物を持ってきてあなたの法廷に来ます。
今日、私たちはこれらの捧げ物があなたの偉大さと主権に正義で提供されることを理解しているので、私たちの生活を洗練し、浄化してくれてありがとう。 
私たちの礼拝の現れがあなたを喜ばせますように。
供え物を持ってきてあなたの前に来るとき、私たちはあなたの名前のために栄光を与えます。 主よ!
今日、私たちは自発的な献金に貢献したことを楽しんでいます。
イエスの名において、
アーメン
«

大いなる信仰をもって捧げ物と十分の一をささげるために、この祈りを祈りましょう。

供物と十分の一は啓示によってのみ作られる聖書の原則です。なぜならこれらの原則を持ち、それを日常生活に適用するのはしばしば批判の問題だからです。

聖書では、十分の一を納める人は、あらゆる人生の意味で豊かな人であることがわかります。 

献金は私たちの心から来るすべてのものですが、主に属する十分の一は、金銭的であろうとなかろうと、私たちの利益のXNUMXパーセントを構成します。

この言葉は、適時、喜びに満ちた心で十分の一を納めることによって従う限り、神ご自身が私たちのために貪食者をthe責することを教えてくれます。 

2)神に捧げる祈り

«主はあなたが私に与えてくれたすべて、あなたが私を成長させたすべてに感謝します。
私は時々あなたにあまり感謝していないことを知っていますが、今回はそうします。
今日私が収穫したものはすべて、あなたのおかげで成長しました。
あなたは私をより良い人にしてくれました。
家族、友人、親しい人々に感謝します。
人生をもうXNUMX日くれてありがとう 
あなたを賞賛し、あなたを愛するために、もうXNUMX日。
あなたがいなければ、それは誰にもなりません、主よ、ありがとう。 
あなたが私に与えたすべてのことに対してあなたに支払うために、私はあなたに私の借金を決して支払うことができません。
アーメン。«

提供物は、たとえそれらを倉庫に置いたとしても、他の誰かに渡すとしても、 それは天でそれを受け取るのと同じ神です そして彼は、彼自身が栄光に恵まれている富に応じて私たちに報酬を与えます。

呼びかけは、陽気な心で供物を作ることです。なぜなら、その言葉は、彼が陽気な贈り主を祝福することを私たちに告げているからです。

3)供物の祈りの例

«
今日、私たちは提供物と施し物を最高の収入と生産に持っていきます。
収益の一部を確保しましたが、 
あなたが私たちを繁栄させてくれたのと同じ割合。
喜んで見て、この日にあなたに提供するものが大好きです。
私たちは唇であなたに奉仕すると約束しました、 
それが私たちが自発的かつ無私無欲にあなたに私たちの供物をもたらす理由です。
これはあなたの前の儀式の瞬間であり、
そして、私たちは礼儀正しく接し、今日提供するものを大切にします。
神様、私たちはあなたの名前のために栄光を帰します。 
私たちがこれらの供え物を持ってきて、あなたの神殿に来る理由です。
私たちの生活を柔らかくし、浄化し、保護してくれてありがとう、 
今日、これらの奉仕はあなたの偉大さと主権に正義で提供されることを理解しているからです。
私たちの礼拝の現れがあなたを喜ばせますように。
私たちはあなたの名前のために栄光を捧げます。
今日、私たちは自発的な献金と施しに貢献したことを楽しんでいます。
イエスの名において。
アーメン«

この意味で、神の同じ言葉は無数の例に満ちていることがわかります。 そのうちの一人であり、信仰の父として知られている同じアブラハムで彼を見る最強の者であり、彼は試され、主イズムが彼を提供するために彼に子牛を与えなかったなら、彼自身の息子を救うことができた。 

ここに私たちは従順の例を見ており、このように私たちは私たちの残りの人生のために重要な教えを学ぶことができる多くの人がいます。 

供物の祈りとは何ですか? 

捧げる時に祈るように 主は私たちがしている行為を祝福してください。 私たちの財政を増やす同じ神であり、それを必要とする人にそれを与えるように私たちを導くために、そして私たちは常に私たちの心にその供え物を与えるという欲求を持っています 

オファリングは常に現金であるとは限らず、何でもできることを知っておくことが重要です。 たとえば、果物や花の供え物を見るのは非常に一般的であり、すべてが主に受け入れられます。 

クリスチャンの捧げ物のために祈るには?

これ、好き  すべての祈り、それは私たちの心の奥から、私たちがしていることを完全に認識して行われなければなりません。

多くの場合、捧げ物は物理的なものであるため、私たちはそれが精神的な行為であることを認識していません。これは、私たちの捧げ物を受け取り、彼の豊かさに応じて報酬を与えるのは神自身であるため、決して忘れることができない原則です栄光 

強力な捧げ物と十分の一の祈りは信仰をもってなされる、神ご自身が私たちの話を聞いており、私たちが肉体であろうと霊的であろうと、私たちが求めていることの答えを私たちに与えてくれると信じて、私たちは常に魂から祈り、すべての強力な創造者とすべての所有者と直接神につながる必要があります。  

より多くの祈り: